【現役大学生】大学生の一人暮らしの生活費と仕送りっていくらなの?

大学生

どうも!現役大学生で絶賛一人暮らし中のシュンです

大学生で一人暮らしをするとお金がかなりかかります

生活費や仕送りはいくらなのか紹介します

注意点!

地域によって費用などに差があります

この記事だけで判断しないでください

ちなみに僕が住んでいる地域は田舎でも都会でもない中間的な地域です

筆者の1カ月の収支

まずは私の収入からです

仕送り…7万円

ブログ収益…10円

合計…約7万円

仕送り7万円は家賃・光熱費などすべて込みです

仕送り額の決定は父がしました

この金額にした理由は「ギリギリ足りないように」です

バイトなどで経済的な自立を促す目的があったらしい…

僕にとってはいい迷惑なんだけどなぁ

続いて支出です

家賃…約4万円

食費…約2.5万円

光熱費…約7000円

交友費…約1万円

服・その他…約1万円

合計…9万2000円

他の学生に比べたら落ち着いている方だと思います

毎月赤字ですが…

今のところ貯金でなんとかしてるって感じですね

大学生の1カ月の収支(平均)

僕の周りの大学生の情報をもとに

大学生の1カ月の収支を紹介します

まずは収入から(大学生の平均)

仕送り…7万円

アルバイト…4万円

奨学金…1万円

合計…12万円

バイトをしている人は収入があるので余裕があります

奨学金を借りている人も決して少なくありません…

次は支出です(大学生の平均)

家賃…約5万円

食費…約2.5万円

光熱費…約7000円

交友費…約2.5万円

服・その他…約1.5万円

合計…約12.2万円

交友費や洋服代などが高くなってしまう印象です

バイトしてれば問題ない感じです

仕送りや生活費など大学生のリアルを知って、参考にしてください

大学生一人暮らしの初期費用

一人暮らしの初期費用は結構高いです

物件関係…25~35万円

家具…10万円

その他(自転車など)…5万円

合計…40~50万円

引っ越し業者に頼むと負担がさらに増えます

この額は学生では到底払えないのでご両親にきちんとお願いしましょう

一人暮らしの豆知識

大学生の一人暮らしはお金で悩みます

大学4年間を左右する知っておくべき豆知識を3つ紹介します

仕送りの交渉

親との仕送り交渉は必須ですよね

心掛けてほしいことはただ1つ!

強気な交渉です

1万円違うだけでも大学生活には大きな影響を与えます

何が何でも仕送りの額は限界まで引き伸ばしましょう笑

薬局が安い

薬局って薬以外も充実しています

なにより安いです

スーパーよりも安いことが多いです

ドン・キホーテより安い説

↑これ結構マジ

薬局に近いと便利で節約にもなります!

家具は良いものを選ぶ

家具は安くて小さいやつを選びがちです

炊飯器や冷蔵庫・洗濯機などは小型で安価なものがたくさんあります

家具は品質のいいやつを選んでください

どうせ大学を卒業しても一人暮らしをする人が多いです

最初からいいものを買って長く使う方がコスパがいいです

小型の家電は使ってみたら微妙な点が多く出てきます

例)寿命が短い、性能が低い、おいしく作れない

まとめ

大学生の1カ月の収支の目安を紹介しました

目安は12万円です

豆知識

仕送りの交渉は強気に

薬局は安いから良い

家具は良いものを選ぶ

大学生の一人暮らしの参考にしてくれたら嬉しいです

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました