【大学生】飲食店バイトの面接でやってよかったこと、やらなくて後悔したこと

大学生

先日飲食店のバイト面接で合格しました

自分がバイトの面接で意識したこと

「これやっておけば良かった…」みたいな後悔したことを紹介します

バイトの面接の参考にしてね

バイトの面接でやってよかったこと

バイトの面接でやってよかったことを「準備」「面接」に分けて解説します!

準備

面接前にやってよかったことは次の3つです

やってよかったこと

申し込みは電話

身なりはシンプルに

集合時間の3~5分前に到着

人の印象って出会って3秒で決まるらしいので

はじめから粗相のないように…

申し込みは電話

大学生はバイト探しでスマホアプリを使うと思います

自分は「TOWN WORK」を利用しました

アプリは申し込みが簡単で便利ですよね

❕ココで注意点

必ず電話で申し込んでください

電話とかが苦手だからアプリ使っているのだが…

電話とネット両方試してみたが絶対に電話の方が良い

アプリはお店側との直接的な接触がなく、ネット上で申し込みが完結するのでラクです

アプリで申し込むデメリットは2つです

アプリ デメリット

遅い

見逃す

1、ネットでの申し込みは対応がメチャクチャ遅いです

僕は遅いどころか無視されたこともあります

2、ネット上で申し込むとメールで通知されます

通知メールが迷惑メールに分類されて見逃してしまったなんてことも…

電話で手っ取り早く面接日程を組みましょう

電話しても決める内容は簡単です

〈電話で話すこと〉

面接日時

面接の持ち物

全然大したことないのでサッサと電話しちゃいましょう

緊張することないです( ´∀` )

身なりはシンプルに

服装や髪型はとっても重要です

人の第一印象は3秒で決まります

服装→ユニクロのシンプルなやつ

髪型→あまりいじらず、目にかからない程度

服装と髪型をこんな感じにしたら店長に「良い子そう」と言われました笑

〈服装〉

シンプルな服装を心掛ける

白、黒の組み合わせが無難

〈髪型〉

自然な髪色がいい

飲食店だから目にかからないくらいが良い

清潔感を大切にすれば問題ないです

集合時間の3~5分前に到着

「何時に集合すればいいの…」

バイト面接のベストな集合時間は

指定された時間の3~5分前です

社会の常識は早ければ早いほどいいというわけではありません

相手側にも都合があります

早すぎる集合は非常識にあたります

早すぎる集合は非常識にあたります

気を付けましょう

面接

面接中にやってよかったことを3つ紹介します

やってよかったこと

面接中はとにかく話す

できるだけ好条件をだす

店長と職場を褒める

なるべく相手に心を開いた方がいいです

人格で選ぶ店長はベストです

面接中はとにかく話す

面接が始まったらとにかく話しまくりましょう

気まずい時間が流れないようにしましょう

〈話すときのコツ〉

相手の目を見て話す

声のボリュームを考える

身振り手振りはつける

この3つに気を付けておけば大丈夫です

人気店になるほど

その人の話し方や服装で人柄を判断されます

「この子なら大丈夫だな」って思ってもらえるようにしましょう

話が盛り上がりすぎて20分ほどの予定が1時間も話してしまいました笑

できるだけ好条件をだす

最初は絶対にスペシャルな条件を出してください

これは私の苦い経験からの教訓です

何があったか知りたい人は下の記事を見てください!

今でもあの店長のことは根に持ってますね(恨み)

具体的にどんな条件を出すと喜ばれるのか?

〈喜ばれる条件〉

長期勤務 できれば卒業まで

土日・祝日も働けます

この2つのポイントを押さえれば

たいていのバイトは合格できます

この2点は難易度が高いよ…

ココは積極的に嘘をついてください

採用されればこっちのもんです

無理なところは入ってから無理と言いましょう

〈バイトの鉄則〉

採用されるのが難しい

採用されてしまえばこっちのもん

このバイトは「なんか違うな~」って思ったら

シフトを週1とかにして新しいバイトを始めるのも手ですよ

店長と職場を褒める

店長さんは自分のことも話してくれます

仕事に対する店長の考え方や方針は共感or褒めましょう

〈キーワード〉

職場環境

バイトの扱い方

店長の考え、方針

上のキーワードが出てきたら共感、褒めるタイミングです

「分かります~」「すごくいいですね」「たしかにそうですよね!」

これらの言葉で共感と賛辞の意志を示しましょう

なんで褒めたり、共感するの?

採用されやすくなるからに決まってます!

最悪嘘でもいいので褒めたり共感したりしましょう

やっておくべきだったと後悔したこと

「あ~しまった、やっておけばよかった…」って思ったことも紹介します

やらずに後悔したこと

自己PRを考えておく

採用後の書類準備

飲食店のバイトは「履歴書不要」のところが多いです

「履歴書不要」だからと言って舐めてると痛い目みます

私は痛い目を見ました

自己PRを考えておく

面接で自己PRは必ずさせられます

事前に内容を考えておかないと詰まってしまいます

〈事前に考えておくべきこと〉

自分の長所・趣味

バイト先の志望動機

スケジュールの把握

1、自分の長所は何でもいいです

私は「声が大きいこと」って答えました笑

趣味も何でもいいです

趣味がすぐに出てこない人は映画鑑賞やドラマとか無難なことを言えばOKです

2、志望動機は必ず聞かれます

別に感動的なエピソードを用意する必要はありません

「飲食店のバイトに興味があったから」くらいでも問題なしです

3、自分のスケジュールは事前に把握しましょう

  • 学校の授業
  • サークルや部活
  • バイトまでの移動時間
  • イベント

これら4つは最低限把握しておく必要があります

採用後の書類準備

飲食店のバイトは基本『履歴書不要』です

採用後に「書類を準備して」と言われます

遅かれ早かれ書類が必要なので採用される前に用意しましょう

〈採用後に必要なもの〉

マイナンバーカード(通知カードOK)

免許証orパスポート

銀行の通帳・カード

住民票のコピー

印鑑(シャチハタNG)

私のバイトでは採用された後、上の書類の用意を言われました

※バイトによって差があります

どのバイトにも共通するのは以下の3つです

  • マイナンバーカード・通知カード
  • 銀行の通帳・カード
  • 印鑑(シャチハタNG)

まとめ

飲食店のバイトに合格した私がやってよかったことは次の6つです

やってよかったこと

申し込みは電話

身なりはシンプルに

集合時間の3~5分前に到着

面接中はとにかく話す

できるだけ好条件をだす

店長と職場を褒める

反対にやらなくて後悔したことは次の2つです

皆さんはきちんと準備していきましょう!

やらずに後悔したこと

自己PRを考えておく

採用後の書類準備

この記事がバイト面接で少しでも役に立ってくれたら嬉しいです

バイトの面接頑張ってください

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました