【大学生】バイトの面接で理不尽に落とされた話

ブログ

大学1年生のシュンです

最近バイトの面接に行きました

結果は玉砕

いろいろ思うところがあったのでブログに書かせてもらいます

内容薄めなので暇な方だけ見てください笑

バイトに落とされた

飲食店のバイトに応募して面接までいきました

時給も良し。家からも近い!

魅力的なバイト先

絶対に受かりたい!

〈面接はお店で行われました〉

まず、ん?って思ったのは店長が不在だったことです

こっちは時間通りに来てるのに不在ってどういうこと?

僕はこの時点で(大丈夫かなぁ)って思ってました

店長は約束の時間から10分ほど遅れて到着

オレの内心 (おせぇよ…)

〈ようやく面接開始〉

質問に丁寧に回答しているのに向こうは

「ふーん、へぇー」ばっかり

目も見ないし

相槌適当すぎっ

正直なんだこの店長は?って思ってました

よくこんなんで接客業やってるな

(ちなみに面接の時は客ゼロ) ザマァ~笑

〈面接が終わり質問タイムが始まりました〉

ここでなんかアピールだ!

質問をぶつけました

「研修期間はあるのでしょうか?」

店長スゲー嫌そうな顔してきた

(俺なんか悪いこと聞いちゃったかな…)

挽回しないと!2つ目の質問イケー

2つ目の質問をしようとしたら店長が…

「ここで発表しますね」

え、いきなり?!早くね…

「この条件だと無理ですね、採用できません」

は…?なんで?

求人に書いてあることよりもいい条件を提示したんだけどな

これは自分に何か重大な欠陥があるのだと思い店長を引き留めました

オレ「待ってください!ダメだった原因をうかがってもいいですか?次の糧にしたいので…」

「1年間だけでしょ、4年間働く子が欲しいから」

求人では勤務期間は「3か月~OK!」と書かれていました

僕は大幅に上回る1年間で出しました

正直この返答をされた時はキレるというより呆れましたね

じゃあ最初から求人に4年間って書いとけよ!!!

互いにごみのような時間を過ごしとるやないか

二度とこのお店に近づかないことを誓いました~

確実にバイトに受かる方法

このアホみたいな出来事から学んだことがあります

面接に受かるための必須スキル

上手に嘘をつくこと

勤務期間は「予定では卒業まで働くつもりです」

とでも言っておきましょう

バイトを辞める時の理由はどうにでもなるので

他にも嘘をつくポイントは

  • 志望理由
  • シフトの日数(最初だけ頑張る)
  • 土日もいける(最初だけ頑張る)

上手に嘘をつくことがバイト採用の近道だと分かりました

こんな教訓を教えてくれた店長さん

本当にありがとうございました(嫌味です)

読者の皆さん最後まで読んでくれてありがとうございました!

こっちは嫌味じゃないよ( ´∀` )

本心だからね

コメント

タイトルとURLをコピーしました