大学生だけどバイトが大嫌いな理由 6選

大学生

現在大学1年生で絶賛バイト適齢期です

が、バイトなんてしてません

嫌いなので…

「働きたくない→バイトしない」という単調な理由ではありません

もちろんバイトした経験はあります

働かず嫌いってわけじゃないからね

今回はバイトが嫌いな理由を6つ紹介します

バイト 嫌いな6つの理由

これを見たら大学でバイトをしたくなくなりますよ

心して見てください笑

嫌いな理由

スキルが身につかない

夢がない

給料が低い

つまらない

時間を奪われる

いつでもできる

スキルが身につかない

バイトで身に付くスキルは

ショボい

バイトで身につくであろうスキル

レジ打ちのスキル

コミュニケーション力

体力

料理の技術 など

ぶっちゃけ普通に生活してれば身に付く( ´∀` )

自分の時間を売ってまで身に付けるスキルじゃない

レジ打ちなんて人生において何の役に立つの?

わざわざ大学生でやることではない

夢がない

バイトって夢が全くないですよね

どれだけ頑張っても多少時給がよくなるだけ

10円とか20円とか…

で、次のステップには全く繋げられない

例えばこのブログだったら人気・有名になれば

金銭的にも将来的にも夢があります

未来に可能性が広がっていることをやるべきです

給料が低い

金銭面でも全く夢がない

1時間=1000円

いや、ふざけんな!

安すぎるだろ…

どんだけ頑張っても月20万が限界

てか、学生の貴重な時間が1時間1000円なんて

大人も手厳しいものです

つまらない

正直バイトはつまらない

どんな仕事も始めこそ面白いですが

慣れてしまえば飽きます

自分で考えて行動しないものは飽きます

時間を奪われる

バイトは自分の時間を企業に売っているのです

確かに大学生は自分の時間を売ることしかできないような気がします

だって何もないんですから

しかし、大学生のうちから資産となるものに投資すべきです

そのようにしてお金を稼ぐ方が実力になります

大学生という可能性に満ちているときに

自分の時間を安売りするのは賢明ではありません

自己投資をするべきです

いつでもできる

ぶっちゃけバイトなんていつでもできます

わざわざ大学生でやる必要がありません

そんなにバイトがしたいなら社会人になってやればいい

しかし、みんな社会人になってバイトをやろうとはしない

本音はやりたくないからです

じゃあなぜ大学生でバイトをするのか

僕には疑問で仕方ありません

大学生 バイトをするタイミング

大学生がバイトすることを完全に否定しているわけではありません

バイトが有効な場合もあります

バイト 有効な場合

お金がない

出会いを求める

目標がある

お金がない

お金がなかったらバイトはするべきですね

だってお金がないんだもん

バイトは即金性が高い

手っ取り早くお金が欲しいならバイトをするべきです

出会いを求める

バイトは出会いもあります

僕の周りでもバイト先で付き合っている人も何人かいます

大学だとコミュ力お化けじゃないと話しかけにくい

バイトだったら業務連絡やアドバイスで自然と話すことができる

→距離を縮めやすい

出会いを求めているならバイトは1つの手段です

目標がある

何か目標があるときはバイトがいいと思います

バイトを目標を達成する手段とすることは賛成です

ただ惰性でバイトをするのは絶対にやりたくない

「みんなやるから」を働く理由にしたくない

まとめ

バイトが嫌いな理由は6つ

どれか1つでも共感してくれたら嬉しいです

バイト 嫌いな理由

スキルが身につかない

夢がない

給料が低い

つまらない

時間を奪われる

いつでもできる

大学生→バイトしなくては…

ってなる必要はありません

バイトをするかしないかの参考にしてくれたら嬉しいです

この記事が面白いと感じたら大学生ランキングのボタンをポチッと押してくれると励みになります

最後まで読んでくれてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました